Aging liquor specialty shop  in Ueda Nagano   0268-29-8220

  • HOME
  • >
  • 凍結熟成について


凍結熟成とは

 
日本酒における熟成とは、本来の酒の旨味・コクを損なう事なく味が丸みを帯び、
刺激が少なくアルコールを感じさせない事だと定義しています。
 

 

日本酒は、和を大切にし、人と争わないように心がけてきた
”日本人の心”を代表するお酒です。
日本人は米から麹を作り、独自の方法で日本酒を作り出してきました。
遥か昔の、日本酒がまだ濁酒だったころから、
手酌を嫌い、勧盃や献盃として差しつ差されつ、
人にすすめるという、「和」の習慣があったのです。
これは、酔う為だけに飲む酒とは違う、「微酔い」の持続という、
他の国のお酒にはみられない稀な特徴が日本酒にはあるからです。
 
その日本酒の特徴を後世に残すために、先達の英智と努力で育まれてきた酒造りに、
最先端の技術と情熱と思いが注ぎ込まれ、まったく新しい酒が誕生しました。
 
日本酒を熟成させることのみを、目的に開発された凍結熟成装置は、
なにも加えることなく、純米酒の特色を最大限に引き出し、
うま味を残しながら微酔いが持続する願ってもない酒を完成させました。
 
米だけから作った本物の純米酒であれば、四月頃の新酒は荒い酒として麹香が強く、
青菜や古漬けに良く合います。夏にかけて麹香がとれれば、鰹や鯵、鯖などの
旬の魚に合うようになります。そして九月には「冷やおろし」といって
熟成が進んで丸みのある味と香りが楽しめる最高の状態となり、最後に
晩秋から冬にかけて熟成した酒は温かい鍋料理などに馴染むようになるのです。
 
連綿と培われてきた本物の日本酒の特徴を再現し、無濾過で無添加、火入れをしない生の純米酒に
凍結熟成法の現代を織り込んだ三献で心地よい微酔いをお楽しみください。

”新酒の熟成酒”をぜひ味わってください!!

 
━━━熟成純米酒 『和乃醇』『特撰 和乃醇』

  • の熟成されたその味わいは、清楚で可憐で控えめでありながら、芯があり崩れず、包容力に富むものです。蒸留酒にはない優しく包み込む味わいはまさに食中酒として、これからの日本酒のあり方を提案する逸品です。

 
━━━凍結熟成純米酒 『醲献』

  • は、肉や味付けの濃い現代の料理にも合い、味をまろやかにします。熟成工程から濃縮された酒は黄金色へと変化しとろりと濃密で、口に含んだ瞬間から円味と旨味が膨らんでいきます。上質の紹興酒や老酒のように甘く芳醇で、旨味は深く、酸味は少なく、まろやかで深い余韻が残る味わいにです。やわらかな飲み口に仕上がり、すでにアルコール感は抜け、落ち着いた酸味や甘みが渾然一体となって複雑なうまさを醸し出します。